ホーム > メガソーラー

環境意識の高まりや化石燃料・原子力の課題から再生可能エネルギーへの関心が高まっています。太陽光発電は自然の力を用いた安全で継続可能な"再生可能エネルギー"です。近年、新たな発電事業としてメガソーラー(大規模太陽光発電)事業への参入が増えています。

メガソーラーとは、1MW以上の出力を持つ太陽光発電システムのこと。主に自治体、民間企業の主導により、遊休地・堤防・埋立地・建物屋根などに設置されている。

近年、エネルギーを取り巻く情勢の変化により、再生可能エネルギーへの関心が高まっていたが、2012年7月に開始された再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)で採算性が確保されたことにより、国内でのメガソーラー建設が一気に加速された。


資源エネルギー庁の発表によれば、2012年4月から9月末までの時点において、建設が予定されている(※設備認定を受けた)
再生可能エネルギーによる電力は約1,780MW、うち約1,036MWが非住宅用の太陽光発電であり、年度末までにさらに約500MWの導入が予測されるという。

各地方自治体からは、調査したポテンシャルの高い候補地を挙げ、メガソーラーの設置・運営事業者を募集する事例や、県有施設などの屋根を貸し出す屋根貸し事業、土地所有者・屋根所有者とメガソーラーの設置・運営事業者のマッチングなど、様々な形で促進されている。


メガソーラー(大規模太陽光発電)事業の特徴

環境ビジネスの調査・コンサルティングで培った知識・ノウハウを活かし、メガソーラー(大規模太陽光発電)の事業展開を行っています。
メガソーラー(大規模太陽光発電)事業にご興味がある方、また用地の提供にご関心のある方は是非一度、お問い合わせください。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、平成24年7月1日にスタートしました。  
この制度により、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策、産業育成を図ると共に、コストダウンや技術開発によって、再生可能エネルギーが日本のエネルギーを支える存在となることを目指します。

投資型分譲ソーラー物件 施工実績

大阪能勢


PAGETOP

Copyright(C)2014 株式会社パシフィック・コースト・インダストリー All Rights Reserved.